100人の仕事観

【二条のアコーディオンアイドル 兼 せるろいど焼菓子店オーナー】ゆっけちゃん&【社員食堂コック】大瀬明さん

大瀬明さん(写真左)と、ゆっけちゃん(同右)

ゆっけちゃんは、朗らかな笑い声の中心にいるのが似合う人。

ある時はアコーディオン奏者、また別のある時は焼菓子屋さんとして、街に幸せを届けています。

「高級なもの、きれいな形の整ったものじゃなくて」「これ、なんか懐かしい、みたいな感覚を引き出す」ものを、というのが、ゆっけちゃんの表現しようとする世界。

どちらの仕事をする時にも変わらない想いです。

将来的には、お菓子も、お菓子を置くレース布も、店内にかかる音楽も、「全部を手作りで自分から発信」し、「五感全部で楽しむ、みたいな空間をやりたいな」というのが夢なのだそう。

一方、ゆっけちゃんの夫・大瀬明さんは、とある社員食堂に勤務するコック歴30年のベテランです。

ただし、写真を見て、勘のいい読者の皆さんなら滲み出す面白さにお気づきでしょうが、大瀬明さんは並大抵のコックさんではありません。

パフォーマーとしてのもう一つの顔があり、ゆっけちゃん、息子の晴紀くんと共にお茶の間ファミリーバンド「はるぼんず」を結成して休日に音楽活動をする他、R-1グランプリにも挑戦中なのです。

(Honda Smile MissionのYouTube動画ページより)

今回、ゆっけちゃんを取材させていただこうとお店にうかがったところ、夫の大瀬明さん、息子の晴紀くん、そして父で中川電化ショップ店主の中川敏和さんにも会うことができ、お話をお聞かせいただきました。

温かく愉快な家族、4人それぞれの仕事観とは?

前編はゆっけちゃんと夫の大瀬明さん、後編は父の中川敏和さんと息子の大瀬晴紀くんのインタビュー記事をお届けします。

Q1 あなたは今、どんな仕事をしていますか?

ゆっけちゃん
 人をハッピーにする仕事です。

大瀬さん
 調理師です。

Q2 今の仕事をしていて、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

ゆっけちゃん
 演奏を聴いて、涙を流すぐらい感動されたり、来てよかった、と言ってくださったり、あと、スイーツやったら、美味しかったしまた食べたいって言っていただけた時です。

大瀬さん
 美味しいって言われるのが一番ですよね。ただ、裏方なんで、なかなか表側の顔が見えなくて。しかも大きい社員食堂なんで、食べてるとこはもっと遠くへ行ってしまうんで。勤めているのは、工場の社員食堂です。お昼1000人ちょっとぐらい来ますね。

「せるろいど焼菓子店」の入り口。ゆっけちゃんの父・中川敏和さんが経営する「中川電化ショップ」と店舗を共有しています。

取材中、わざわざ衣装に着替えて、アコーディオン演奏も披露してくださいました。10kg以上もの重さのあるアコーディオンは、演奏するのにかなりの体力が求められるのだそう。

Q3 今の仕事をしていて、つらいと感じるのはどんな時ですか?

ゆっけちゃん
 一回マラソン大会に出た後に演奏に行ったことがあって、演奏ってけっこう体力使うので、疲れすぎて細かい指の動きができない、指が動かないっていうことがあって、ちょっとスケジュール調整をミスったなと(笑)。体の疲れがもろに出ちゃう。体調万全に整えないといけない。
 それと対照に、ケーキを作るのは疲れてても、どんな状態でもへっちゃらですね。終わったら寝ればいいから。細かいデコレーションはちょっと難しいかもしれないですけど、焼菓子なので、ポンッと作って、旬の素材をポンッと調理する。また全然違いますね。
 あ、つらいこと、もう一個は、お祭りシーズンにどちらの依頼もまとめて来るので、スケジュール組みが大変というのがあるんです。暇な時期と忙しい時期の波が極端という。平均やと楽なんですけど、ジェットコースターみたいなのが大好きな性格なので、それを楽しんでいるっていう感じもあります。結局はあまりしんどくないのかも(笑)

大瀬さん
 料理を作るのでつらいことはないです。好きですね、気づいたら。初めは嫌で嫌でしゃあなかったですけど、知らん間に好きになってしまいましたね。
(好きになったきっかけは?)
 18から入って、20ぐらいになったら辞めようと思って。でも、辞めるんはええけど、辞めた後、絶対「前に何やってたん?」て言われるなあと思って。「料理作ってたんなら、こんなん作れるんちゃうん?何やったら作れるん?」って言われた時に、俺、何もできひんわ、自信もって言えるもんがないわって思ったんで、じゃあ、それぐらいきっちり覚えてから辞めようと思って。
 そういう気持ちでやりだしたら、ちょうど一番上の料理長の人の面談みたいなのがあった時に「お前は最初は大丈夫かなと思うとったのに、いつの頃からか、なんか気持ちが入ったんかな。すごい前向きにやるようになったなぁ」って。「それを忘れずに頑張りや」って言われたんがね。そんなに自分がやってるとこ、そう毎回毎回見られとったわけじゃないけど、やっぱりそうやって見てくれる人はきっちり見てくれてんねやって。だから自分も、大人になったら、そういうのを分かってあげられるような人になりたいなって思ったから余計ですかね。
 そっからもっと色んなもの覚えていこうってなって。今は、昔食べた美味しかったもん、懐かしくて美味しいもんを同じように作りたいなと思って。だから料理はほんとにつらくないです。

Q4 今の仕事をする中で大切にしているのはどんなことですか?

ゆっけちゃん
 一つ一つ丁寧にすることと、一人一人の方と向き合うこと。一人一人といっても、100人、200人集まる会場で全員に話しかけることは無理なんですけど、それを音楽にして、スイーツに込めて、伝えるっていうのに一生懸命やるっていうことですかね。

大瀬さん
 料理って一個作るだけじゃなくて、いくつも作るんで、中にはどうしても手をぬけないってものもあるんですけど、他は時間を短く詰めてポンポンポンポンやっていかないといけないんで、どの順番で、どうやれば、同じ味で早くできるかな、というのをいつも求めてますね。効率ですね。
 一応サラリーマンですけど、決められた時間の中で、与えられた仕事をきっちりこなした上でプラス何かができるんが本当の仕事だと思うんです。早く行ったり遅くまで残るのは、誰でも出来ることなんで、それをやってしまったらダメやなって思います。時間から時間まできっちり目的をもってやるようにしてます、はい。

「せるろいど」名物の「食べるラー油」。「せるろいど」は、実はこのラー油から始まりました。ラー油を作っては周りに配る、ということを繰り返すうちに、「売ってほしい」と言う人が現れたのがきっかけ。

かつて「食べるラー油」を百万遍手作り市に出品しようとしたとき、ラー油だけでは寂しいからと、焼菓子も作って一緒に販売してみたところ、大好評。こうして、ラー油と焼菓子というユニークな組み合わせで販売する「せるろいど」が始まったのです。

Q5 あなたにとって仕事とは?

ゆっけちゃん
 生きがいです。音楽も食べることもライフワークというか、一生切り離せないもので、人って食べないと死んじゃうじゃないですか、それと一緒で私は音楽の中にいる環境にずっと育ってるので、たぶん音楽がないと生きていけないぐらい大事だと思います。

大瀬さん
 遊びを楽しくさしてもらえるもんかな。車のハンドルもそうですけど、ちょっと動かしてもタイヤが動かない遊びっていうのがあって、本当のもんがあるので。遊びばっかりやと何も動きもしないけど、ほんまに動いてる部分で、「明日休みや。何しよ?」「いま自分が遊べることって何なんやろ?」って思ったら嬉しいし、また仕事したら「次の休み何しよ?」って、次々色んな楽しいもん考えていけると思うんで、やっぱり遊びを楽しくさしてもらえるもんかなって思いますね。

仕事のPRをどうぞ

大瀬さん
 こんな家族、他にいるなら誰か見せてえやって思いますね。子供が幼稚園ぐらいの時から家族3人でずっと一緒に「はるぼんず」をやってたんで、それはどこにも負けんとこかなって思いますね。

ゆっけちゃん
「はるぼんず」で、沢山の人に出会えた。ほんとに他の家族よりめちゃくちゃ沢山の人に出会ってると思います。ちょっと学校の行事にいったら、「あ!この人知ってる!テレビで見た!」みたいなことを言ってもらえる。ただの子どもの親なんやけど、面白いな~って。

大瀬さん
 息子の晴紀が大きくなったら、たぶん違う楽器にも興味が出て色んなことしだすやろうし、どういう成長をするかは、まだまだカードが一杯あるかなぁって思います。
 ボクは毎年でもR-1出て、そういう舞台楽しみたいですね。

ゆっけちゃん
 お店の方は、焼菓子と食べるラー油というのがなかなか珍しいですよね。あと、私がお酒とスイーツという組み合わせが好きなので、お酒に合うチーズケーキとか、ちょっと甘さ控えめのパンチが強めのスイーツとか、色々自分好みで研究したり。あと、ちょっと旅行行ったときに買ってきたフルーツを使って、皆様に「お土産を食べて」っていうような感覚で旬のフルーツを使ってみたりとか、色んな新しいこともしながら、オーソドックスなのも作りながら、色々組み合わせて美味しいと思えるのを作ってます

*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜

二条のアコーディオンアイドル ゆっけちゃんの最新出演情報
★10月20日(土) ※毎月第3土曜開催
「ハイ・どうぞ」にて「ゆっけちゃんのうたごえ広場」開催
「ハイ・どうぞ」(NPO法人ふれあいホーム”どうぞ”)のHPは
http://www.eonet.ne.jp/~douzo/
★10月27日(土)
Bivi二条&三条会商店街イベント
ハロパ!2018~ハロウィンパーティへいこう!~」に出演
イベントの特設サイトは
https://b-s-halloween.localinfo.jp/

せるろいど焼菓子店
 京都市中京区西ノ京西月光町6-9(御前御池下ル東側)
                     ⇒地図
【アクセス】JR/京都市営地下鉄「二条駅」から徒歩8分
      京都市営地下鉄「西大路御池駅」から徒歩8分
      嵐電「西大路三条駅」から徒歩10分
【電話】:090-8367-6366
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】土・日曜日、祝日(土曜臨時営業あり)
【Facebook】https://www.facebook.com/seruroido
【Instagram】https://www.instagram.com/yuke0916/
【Twitter(せるろいど焼菓子店)】https://twitter.com/seuroido
【Twitter(はるぼんず)】https://twitter.com/harubonzzz
【Twitter(ゆっけちゃん)】https://twitter.com/yuke0916

関連記事

  1. 【株式会社 熊本玩具】代表取締役 熊本盛行さん
  2. 【表装処 株式会社 弘誠堂】二代目表具師 田中善茂さん
  3. 【やおごころflower】本間宥光さん&光宥さんに聞く「あなたに…
  4. 【猫本サロン サクラヤ】櫻井映さん
  5. 【木村漬物店】木村邦夫さん&孝子さん
  6. 【天狗堂 海野製パン所】海野滋さん&謹子さん
  7. 【中川電化ショップ 店主】中川敏和さん&【はるぼんず】大瀬晴紀く…
  8. 【創作タイ料理 Pad thai(パッタイ)】東谷佳範さん&ヌダ…

お問い合わせ

当サイトについてのお問い合わせは

こちらからお願いします。

PAGE TOP